投資をする際

レンガ色の屋根の住宅

現金よりも

不動産投資をする際には常にローンを持つことを意識しましょう。しばしば現金で収益物件を購入し運用をする人がいますが、ローンを組まずに現金一括で収益物件を購入した場合、不動産投資のメリットを半減させてしまうことになります。不動産投資のメリットは長期のローンを組んでレバレッジを掛けることです。レバレッジとはてこの原理ともしばしばいわれますが、少ない資金で大きな運用をすることができることを意味します。つまり、自分の保有資金以上の資産で運用をし、収益を拡大させることができるのです。不動産投資は資産規模がとても重要になってきます。不動産投資のメリットであるローンを積極的に利用して、運用資産額を大きくしていきましょう。

ローンを完済したら

但し、ローンを組めたからと言って安心してはいけません。ローンを組んで収益物件を購入したら、そのローンはどんどん返済をしていくのです。そして、すぐに新しい収益不動産を購入しましょう。多くの収益物件を保有するほど銀行などの金融機関に対する信用力が増します。信用力が増していけば、借りることができる枠も大きくなります。より多額の借入をすることができれば、資産規模をさらに大きくすることができ、収益を拡大させることもできるのです。個人で不動産投資を始めるのであれば、まずは確定申告における事業的規模になることを目指しましょう。目標を設定しておくことで、どこに向かえばよいのか明確になり、投資行動が積極化できます。